読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■マンガ道

マンガ 思い出 家族 うれしかったこと 美味しいもの

偉大なる藤子Ⓐ先生の作品と同じタイトルで僭越です。

 

2歳上の兄の影響でもの心が付く前からマンガに触れていた私は

マンガで育ったと言っても過言ではありません。

 

母はまったく本を読まない人で

「字が書いてあればマンガでもオッケー」の考えの元、

私たち兄妹の読み書き教育をマンガに託したのでした。

おかげで(?)兄も私も

マンガや本が大好きな、活字中毒に育ちました。

感謝しています。

 

小学生の頃、兄が石ノ森章太郎先生の「マンガ家入門」を買ってきました。

読むや否や(ASAP)影響を受け、

二人で「夕焼けプロ」なるものを設立し、

マンガ制作をしていました。

私は主にベタ塗り(髪の毛や黒い所を墨汁で塗ります)や

背景、模様(スクリーンなんて小学生は買えません)を担当していました。

ちばてつや先生の「ハリスの旋風」や

石ノ森章太郎先生の「サイボーグ009」の二次創作(というより真似)が中心でした。

作品の最後はたいがい

「作者の都合により終わらせていただきます」という

夕陽を眺める主人公の背中のコマで終了。

真似事だったけれど楽しかった。

締切(そんなものは無いんだけど)の修羅場も経験。(爆)

 

私はその後、別冊マーガレット(集英社)のマンガ懸賞へ

3回ほど投稿しましたが、

読むほうが楽しくて楽な事に気づきました。

(一度だけ「努力賞」をいただきました。)

 

~~~~~~ 閑話休題~~~~~~

 

昭和50年代の女流漫画家といえば

SF的な作品の多い萩尾望都先生、

ストーリーで読ませる竹宮恵子先生、

日常から少しずれたファンタジーの大島弓子先生でしょう。

皆さん大御所です。夢中で読みました。

一条ゆかり槇村さとる陸奥A子、岩舘真理子、

各先生の作品も夢中になりました。

 

それ以上に私が夢中になったのは

亜月裕先生の「伊賀のカバ丸」(別マ 集英社)です。

この作品の全てが大好きです。

f:id:okko326:20131018090450j:plain

カバ丸連載終了後は

この後何を支えに、と思ったほど。

んがしかし、15年後に

「伊賀のこカバ丸」(YOU 集英社)として戻ってきます。

そう、カバ丸と大久保麻衣の息子のお話しです。

こんなに嬉しいシチュエーションがありましょうか?

狂喜乱舞した人は私だけではないはずです。

 

翻って、最近の少女マンガはどうなのでしょうか?

 

f:id:okko326:20131018090334j:plain

あります。あります。お気に入り。

「銀のスプーン」(小沢真理 KISS 講談社)

主人公の律君が素敵過ぎます。

帯にあるように「一緒に食べよう。きみの笑顔が見たいから。」と

料理男子なんです。(にまにま)

ストーリーは家族の問題とか結構シリアスなのですが

律君は料理することで昇華しています。

レシピも載ってます。お得な感じです。

 

もひとつ。

f:id:okko326:20131018090243j:plain

「俺物語」(作画アルコ 原作河原和音 別マ 集英社)

読んでいると主人公剛田猛男の魅力がじわじわと。

微笑ましいです。

 

どちらも連載中なので、まだしばらくは安心。

 

私のマンガ道は果てしなく続きます。

 

 

 

昨夜は「かまってちゃん」の様な発言で

皆さまから暖かいコメントをいただきました。

とても嬉しかったです。ありがとうございました。

f:id:okko326:20131018085939j:plain

くみちょう (id:Strawberry-parfait)さん、

夕飯、餃子40個作って食べましたよ。(夫と)