読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■ありのまま

f:id:okko326:20130920114525j:plain

拙ブログタイトルは言わずもがな

吉田兼好の「徒然草」よりつけました。

その「徒然草」第百四十三段に人の終焉のありさまについて

書かれています。

 

『人の終焉のありさまのいみじかりしことなど、人の語るを

聞くに、ただ閑かにして乱れずと言はば、心憎かるべきを、

愚かなる人は、あやしく異なる相を語りつけ、言ひし言葉も

振る舞ひも、己が好む方に褒めなすこそ、その人の日ごろの

本意にもあらずやとおぼゆれ。

 この大事は、権化の人も定むべからず、博学の士も測るべ

からず。己違ふところなくは、人の見聞くにはよるべからず。』

 

なんびとも死に際の態度のよしあしを判定できないし

人の死にざまを予測できない。

死については生まれるときと違って

自分の意思を反映することはできるが

なかなか思い通りに死ぬことはできない。

ただ、道にはずれたところがないのであればそれでよい。

他人がどう見ようと、どう聞こうと、かまったことではない。

(角川書店編より抜粋)

 

生と死は人知を超えた世界であるから

死に方にこだわっても意味がないことなのですね。

 

 

死をすなおに受け入れ

そしてすなおに死んでゆきたいです。