読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■シャコタンからヨイチへ

美味しいもの 北海道産 自然

f:id:okko326:20120726130733j:plain f:id:okko326:20120726132121j:plain f:id:okko326:20120726145149j:plain f:id:okko326:20120726151217j:plain f:id:okko326:20120726150850j:plain f:id:okko326:20120726163416j:plain

 

シャコタン

車高の低い車…ではないです。

 

積丹です。

今ちょうどウニ漁の真っ盛り。

 

年に一度この時期に

ウニをいただきに出かけます。

 

ウニーーーーーーーっ!

 

…失礼しました。

 

目指すは「中村屋

手前は数量限定「赤うに丼」です。

 

携帯写真の写りが悪く残念ですが、

もっと赤みがかっています。

北海道が誇る

蝦夷バフンウニ』(通称ガゼ)です!

通常のウニより数段甘いんです!

 

そしてまだ動いている

ムラサキウニ』(通称ノナ)を

ぱっかりと割って

 

ウニーーーーーーーーっ!!

 

…失礼しました。

 

いつも思うんですが、

この手の素晴らしいお珍味類を

一番最初に食べた古の方々は凄いなぁ!

こんなトゲトゲした中の

トゥルッとしたもの食べる勇気無いですもん。

 

無事に我が家の暑気払いも済み、

まだ行ったことがなかった

積丹岬へ。

 

デュアちゃん(愛車日産デュアリス)で

かなり坂道を上り

岬入口の狭く低いトンネルを歩いて進み

いきなり目の前に現れる光景。

 

なんということでしょう!

素晴らしいです!

積丹ブルーと呼ばれる海が広がっています。

下の砂浜まで降りられるはずだったのですが

崖崩れで歩行禁止に。

 

トンネルを戻ると右側にさらに坂道が続きます。

掲示されている地図によると

300m先に灯台と展望台があるらしい。

 

行ってみましょう。

 

…かなりキツイ坂です。

ワンダーフォーゲル部の訓練みたいです。

(やったこと無いけど)

 

もう心臓バクバク

酸欠で頭痛も。

 

でも、ここまで来て

リタイアは絶対ありえない。

 

突然見えた灯台!

そして再び目の前に広がる広大な海!

諦めずに上って来て良かった!

生きててよかった!

でも、300mは絶対ウソだ。

600mはあった。

(ひょっとして直線距離?)

 

下り道で行きかった人たちには

「素晴らしい眺めなので頑張って上ってください」

とエールを送りました。

(共通の苦しい思いで連帯感が生まれてます。)

 

夫と二人、膝を笑わせながら

余市へむかいます。

 

積丹へ行く途中で見つけた

「旧余市福原漁場」です。

 

ニシン漁で栄えたこの辺り最大の漁場跡です。

経営していた福原家、その後の所有者の生活用品等も

たくさん残されていて、見応えのある史料館です。

漁師が来ていた半纏や刺し子をしてある布製手袋、

実際に使用していた船など

面白いモノもたくさん展示されていました。

 

けっこう長い時間観ていたのですが

来訪者は私たち2人だけでした。

もったいないなぁ。

もっとたくさんに観てもらいたいなぁ。

 

帰路

私は疲れ果て爆睡。

 

 

素敵な小旅行でした。