読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■競泳に思う

スポーツ 思い出

男子400メートル個人メドレー決勝 3位になり、ガッツポーズして喜ぶ萩野公介=水泳センター(共同)

 

400メートル個人メドレー

萩野選手、銅メダルおめでとうございます!

 

個人メドレーというと

苦い思い出があります。

 

体育大生だったその昔、

1年時に水泳は必須科目でした。

夏には「水泳実習」という

土肥の海での恐怖の遠泳がありました。

 

その話は、置いておいて…

 

新体操が専門だった私には

水泳はやや苦手。

前期の授業は、大学のプールで

びっちり実技です。

 

実技の仕上げは

「200メートル個人メドレー

(25m×4)

水泳部の子たちは別枠で泳ぎます。

 

どうも、

バタフライがいけない。

一番、理に叶った泳法らしいけど

イルカじゃないんだし。

 

教授に「溺れてんのか!?」と

言われました。

それでも止めずに頑張った。

最後のクロールなんてタイム稼ぎのために

ほぼノンブレスです。

バタフライでプールの塩素水を

がぶ飲みした私は

プールから上がったら

涙と鼻水とヨダレで

ぐしょぐしょです。

 

でも、最高のAダッシュをいただけました。

根性だけは誇れます。

 

卒業してから

遊びに行った海で

ちょっと、調子に乗って

バタフライを泳いだら

 

どこかで警笛が。

(誰か溺れているっ!?

救助の方法が今、役立つっ!)

と思ったら

 

私のバタフライでした…

 

 

バタフライを泳ぐことを

封印したのは言うまでもありません。

 

くそぅ~~~~~。

イルカの様に泳ぎたいんです!

本当は!