ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

たゆたえども沈まず

最近は

葉室麟の小説63作品を読破すべく

ひたすら彼の文庫を読み耽っておりました。

やっと40作品まで到達しました。

 

よっぽどの事がない限り単行本には

手を出さず

もっぱら文庫本になってから購入する、

作家にとっては嫌な読者です。

 

f:id:okko326:20200811085957j:image

『たゆたえども沈まず』幻冬舎文庫

 

4月に原田マハ著のこの文庫を本屋で見つけた時は嬉しくて小躍りしそうに。

 

「こんな物語を描いてみたい」

「書く」ではなく「描く」

そんな想いを抱かせる作品です。

 

巻末の解説でゴッホ研究の第一人者

圀府寺司氏も「いいなあ!…話が作れて…」と

言っていました。

 

そうなんです。

才能の有無にかかわらず

物語を作りたい、創りたい、

書きたい、描きたいと羨望させる作品なのです。

 

「楽園のカンヴァス」以来

またしても原田マハにやられた。

 

No Book No Life

 

 

2012-08-26

■楽園のカンヴァス

 

 

 

 

 

I'm afraid so

本当に残念でならない。

 

東京の感染拡大は増すばかり。

本日、7/16正午の段階で280人越え。

 

来週の連休は

東京に住む息子家族とトマムで一緒に過ごす予定だった。

が、あきらめなければならない。

Go Toキャンペーン関係なく、

昨年から計画していたのに。

9ヶ月の可愛い盛りの孫娘と会えることを

ジジ、ババは心の拠り所として過ごしてきたのに。

 

悲しすぎるので景気の良い写真を。

 

f:id:okko326:20200716121734j:image

今年も無事に積丹のウニ丼をいただきました。

今年は「みさき」。

 

 

キャンセルになる連休に

もう一度ウニ食べに行こうかしら?(やけくそ)

5月も半ば過ぎ

引き続き緊急事態宣言下の札幌です。

 

f:id:okko326:20200521205518j:image

桜もいつのまにか咲いて散り、


f:id:okko326:20200521205504j:image

ライラックが満開。

恒例の大通公園ライラックまつりは

もちろん中止。


f:id:okko326:20200521205524j:image

母の日には

今年も素敵な花束が。


f:id:okko326:20200521205511j:image

外食も外飲みも自粛の昨今、

必然的にエンゲル係数がアップ。

でも、美味しいもの見つけると

嬉しかったり。


f:id:okko326:20200521205508j:image

何十年も飲んでいた紅茶の

キャラクターが「ちゃたろう」という名前

だったことに気づいたり。


f:id:okko326:20200521205515j:image

和田ラヂオで気持ちを緩めたり。


f:id:okko326:20200521205529j:image

友人から届いたアマビエ様マグネットを

玄関ドアに貼り、

今日の健康に感謝して

一日が終わる。

人の幸せ

 

さっきまで、

久しぶりの美しい夕焼けを見ていた。

 

いつまでこんな状態が続くのだろう。

心折れそうになる。

 

 

最近の私の心の拠り所。

毎週ライン送信してくれる孫の成長ぶりと、

好きな香りにアマビエ様。

 

f:id:okko326:20200428184402j:image

 

そして、ゆっくりグラスを傾ける時。

f:id:okko326:20200428184518j:image

キースのピアノに涙する。

 

手洗いはハッピーバースデーか平家物語

 

閉塞感募る日々です。

新型コロナウィルス感染の収束は

まだまだ望めそうにありません。

 

f:id:okko326:20200317193049j:image

エタノール使用のウェットティッシュ

それなりに入手できました。

ドラッグストアでたまたま購入できました。

定価です。

楽天でポチった物も。

定価です。

 

とにかく手洗いが大切なようです。

それも、チャチャっとではなく

ハンドソープをつけて

手首も含めて20〜25秒しっかり洗う。

 

昔観たウッディ・アレンの映画で

「手洗いは、石鹸をつけてハッピーバースデーの歌を歌うとしっかり洗える」

みたいなシーンがありまして、

後半の♪ハッピーバースデー ディーア ホニャリャリ~ャ〜♪

とritをしっかり取って歌うと

ちょうど25秒くらいなのです。

映画の内容はほとんど覚えていませんが、

(まぁ、相変わらずのウッディ・アレン映画)

このシーンだけ妙にはっきりと覚えていて

実践していました。

 

最近、ふと手を洗っている時に

平家物語の冒頭「祇園精舎」を唱えてみました。

 

良い!これ!

 

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、ただ春の夢のごとし。

猛き者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

 

20秒です。

ええやん!これ!

高校の古文で覚えた節が役に立つなんて!

 

皆様、ぜひ、やってみて!

 

 

 

蟄虫啓戸

3月のきもの会も開催できるかどうか。

 

七十二候では

冬ごもりしていた虫や生きものたちが

姿を現わし出す頃です。

 

f:id:okko326:20200306171218j:image

若冲の玄圃瑤華の名古屋帯

かえるさんスイスイ。

 

北海道は遅れてきた大雪。

湿った雪なので、道はグシャグシャです。

 

なんだかね。

気持ちがふさぎます。

 

f:id:okko326:20200306172004j:image

ティオペペでアルコール消毒。

ごくり。