読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

朝粥始めました

くらし 美味しいもの レシピ祭り きょうのええもん 京都
 
10月に入って秋晴れの良いお天気が続いている札幌です。
 
皆さん、朝食はパン派ですか?ご飯派ですか?
我が家はずっとパン派で、お気に入りのパン屋さんで
角食を10枚切りにスライスしてもらい
野菜、ハム、チーズ、時に目玉焼き等をサンドイッチして毎朝食べていました。
 
しかし、何だか突然パンが食べたくなくなったのです。
どうしたことでしょう。
パンが嫌ならケーキを食べればいいじゃない。
いやいや、そうではなくて。
 
お粥、だな。
で、「私、朝粥始めますから。」と夫に宣言。
 
 
 
その1。
f:id:okko326:20161002194649j:plain
大好きな中華粥
今話題のクコの実、松の実、パクチーを入れて。
鶏ガラスープで炊いています。
トッピングに桃屋のやわらぎとXO醤
お茶はジャスミンティー。
 
その2。
f:id:okko326:20161002194717j:plain
水菜のお粥さん。
トッピングは鮭フレークと京都たけのうちの玉昆布。
お茶は福寿園の煎茶。
 
その3。
f:id:okko326:20161002194734j:plain
窯揚げシラス、山椒醤油のお粥さん。
5月に作った山椒醤油は継ぎ足し継ぎ足しで秘伝のタレのような美味しさに。
何にでも合います。すごいです。
小松菜のおひたしはそのまま食べてもトッピングにしても。
たけのうちの玉昆布も美味いっす。
 
その4。
f:id:okko326:20161002194806j:plain
前夜衝動的にフライドオニオンを作ったのでお粥に入れてみました。
米油とごま油半々で揚げたのでほんのり中華風。
フライドオニオンはできるだけ薄くスライスするとカリッとなります。
シラス入り玉子焼きと小松菜。
 
その5。
f:id:okko326:20161002194750j:plain
満を持して(?)の雑穀米の芋粥
雑穀米の食感がぷちぷち。紅あずまがほっくり美味しい。
ここはごま塩ですよね。
お好みで玉昆布を。
瓢亭のゆでたまごを真似てみましたが、
油断して気持茹で過ぎ。キュウリの甘酢漬けがしゃっきり。
 
その6。
f:id:okko326:20161002194838j:plain
雑穀米のお粥、美味しいです。
自分で作っておいてなんですが、テンション上がります。
京都たけのうちのすぐきと瓢亭たまごを気取って。
きっちり茹で時間を守りました。
 
その7。
f:id:okko326:20161002194901j:plain
お粥さんにガーリックオリーヴオイルをたらり。
缶つまシリーズの燻製たらことキュウリの甘酢漬け。
缶つまシリーズ、美味しいけれどお高いのよねぇ。
 
その8。
f:id:okko326:20161002194930j:plain
今朝です。
乾燥京湯葉のお粥さん。
じゃこ山椒が良く合います。
いただきものの手作りたくあんがアクセント。
京都揃えで柳櫻園のかりがねほうじ茶を淹れました。
美味しおすえ。
 
私のお粥さんは、昔、河口湖の○ッチ祐三さんのお宅にお邪魔した時に教えてもらった
直伝の作り方です。
 
お米から炊きません。
残りご飯(茶碗1杯分)と水2カップをミキサーで様子を見ながら攪拌。
それをお鍋にうつして煮ます。
忙しい朝にぴったりのお粥さんの作り方です。
 
朝粥にしてから
体の中からほっこり温まって、体調がすこぶる良いです。
トッピングで味を付けても
お米本来の味がダイレクトに伝わるように感じます。
夫もお粥ファンになりました。
 
ブラボー、お粥!
 
 
きょうのええもん。
f:id:okko326:20161002194944j:plain
本日夕方の雲がとっても美しかった。
すじが菊の花びらのようにも、炎のようにも。
 
 
 
【関連過去記事】