読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

1年分の山椒の実

美味しいもの 香り レシピ祭り 京都
実山椒の季節です。
 
f:id:okko326:20160520124433j:plain
先ほどアップした記事にいただいたこみち (id:kazenokomichi)さんのコメントを拝見しまして、
急きょこちらもアップします。
山椒は鮮度が命ですもの。
 

f:id:okko326:20160520125300j:plain

今回は50g×10パック。

大きい枝から外して茎を取ります。

手間はかかりますが茎を取った方が食感が良いので。

毎年手でチマチマ取って、指先がしばらく痛くなっていましたが

今回は毛抜きを使用。(使用前に煮沸しました。)

これ、いいわ~。なぜもっと早くに気づかなかった?

茎の根元(実ぎりぎりのところ)を毛抜きでしっかりキャッチして

反対の手の指で優しく実をねじるときれいに取れます。

家中に山椒のさわやかな香りが!

 

ざっと洗って、 

f:id:okko326:20160520125349j:plain

塩を入れて沸騰した湯に投入。7分ほど煮ます。

私はピリピリ感が強い方が好きなので5分ほどで。

 

f:id:okko326:20160520125625j:plain

ざるに取って、30分~1時間水にさらしてアクを取ります。

 

f:id:okko326:20160520125724j:plain

よく水気をきって保存袋に入れて冷凍。

これで1年はもちます。(友人に差し上げる分も含む)

煮物、焼き物、何にでも使えます。便利です。

肉じゃがや炒飯、野菜炒め、何にでも合います。

「ちりめん山椒」の類は京都のお店のものが美味しいので自分では作りません。

 

今回は山椒醤油も作りました。(使用する瓶は煮沸消毒)

下ゆでした実山椒に醤油を入れて冷蔵庫で1週間ほど放置するだけ。

醤油には山椒の香りが、実山椒には醤油がしみ込んでいい感じに。

これで冷ややっこなんて最高!

 

茎を取る作業が大変ですが

これから1年間美味しいものが食べられると思えば、なんのその。