読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

これは楽しい!札幌ウィンタースポーツミュージアム 大倉山ジャンプ競技場2

昨日のエントリーそうだジャンプ場、行こう。大倉山ジャンプ競技場1 - ひぐらしPCに向かいての続きです。

 

カンテ(踏切台)からジャンプして着地後スキーを止める場所は

ブレーキングトラックと言います。

その地続きから「札幌ウィンタースポーツミュージアム」のエントランスは建物の3階部分になります。

f:id:okko326:20160216113243j:plain

2階へのアプローチにはウィンタースポーツのツールが展示されています。

 

f:id:okko326:20160216114702j:plain

あ、私の好きな青いカーリングストーンがあります。(青ってめずらしいの)

 

f:id:okko326:20160216114751j:plain

スキー板にグラスファイバーや合成樹脂が使用されるようになったのは

1950年代から。

 

f:id:okko326:20160216115251j:plain

大正・昭和初期は木製や竹で作った板が主流。

竹製のストック!(英語ではポールです。)

すぐ折れてしまいそうです。

リング部分の編みが素敵。

 

これはビックリ!噂には聞いていましたが、実物があった!

f:id:okko326:20160216115716j:plain

下駄スケート!

厚手の別珍の足袋とかを履いて、紐でしっかり結んで履くのでしょうね。

安定が良いのか悪いのか。履いて滑ってみたい。

 

2階は資料展示フロア。

札幌オリンピック関連の貴重な資料が勢ぞろいです。

招致活動資料などもあって見応えがあります。

マスコットキャラクターはなかったようですが

布製ワッペンに気になるものが刺繍されていました。

f:id:okko326:20160216123828j:plain

こんな感じ。

寄贈品展示が多いため著作権の関係上撮影不可になっていたので、

記憶の限りに再現してみました。(かなり近いと思います。)

ヒョウタンツギみたいな表情のクマさん。

時代を感じさせる様子と変に媚びていない感じに共感を覚えます。

他にアイスホッケーとフィギュアスケートのがありました。

あのワッペン欲しいなぁ。

大切に持っている人、いるんだろうな。お宝だね。

 

1階にはバーチャル体験ができるコーナーがあります。

f:id:okko326:20160216124822j:plain

写真:リーフレットより。   

スキージャンプ大倉山

係の女性が、滑走→ジャンプ→姿勢→着地の説明をしてくれますが

なかなか、一度でのみこむのは難しい。

2回挑戦。飛距離は98m(K点は120m)、飛型点(58.1ポイント)。

距離は伸びないものの飛型得点が良かったようです。

「飛型姿勢がきれいでした。」と褒められて喜ぶ。

因みに今までの最高飛距離は137mだそうです。(選手だったりして)

 

f:id:okko326:20160216130800j:plain

他に「テイクオフ・タイミング」

いきなりジャンプではなくこちらを先にやれば、もっと飛距離が伸びたかも。(負けずぎらい)

「スピードスケート・トレーニング」

選手が実際に使っているスライドボードでスケーティング体験!

(この辺りで太腿がパンパン)

クロスカントリースキー・レース」

3機で競争なので知らないカップルに混ぜてもらいました。2位!

(この辺りで汗びっしょり)

「アイスホッケゴールキーパー体験」

バーチャルでシュートされるとはいえ、迫力あります。

判断力と瞬発力が物を言います。

5本のシュートのうち2本しかセーブできませんでした。ガックシ。

一瞬腰がグキってなったけど今のところ大丈夫そう。

ボブスレー滑走」

4人乗りボブスレーに1人で乗る事ほど虚しいことは無いと実感。

左右に体を倒して加速を付けるのですが、ガンゴンと頭や肩をぶつけて痛い。

「フギュアスケート・スピン」

実際に自分でスピンできるのにやってみた。

案の定回り過ぎて気持ち悪くなった。

(目の焦点が決められないほど速く回してしまったの。)

 

気がついたらすべて本気に近い感じでやっていました。

なかなか熱いです。

札幌の新名所と言っても過言ではない。楽しいです。

 

大満足で出口に向かうと、あまり見たことの無い像がありました。

f:id:okko326:20160216132929j:plain

北欧神話に登場するスキーと弓の名人「ウル」像。

スキーは北欧が発祥の地ですものね。

だがしかし、扱われかたが寂しい感じ。

ここは団体客の待合せ場所のように、閑散とした空間。

f:id:okko326:20160216133009j:plain

2007年に札幌で開催された「ノルディックスキー世界選手権大会」の

マスコット「ノルッキー」が、

あたかもバーチャル体験で疲れきったような様子で座っています。

横の青い台は世界選手権で使われた表彰台です。

 

もちろん、一番高い所に乗ってみましたとも。

 

 

しつこく、大倉山ジャンプ競技場3に続きます。