読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

サラバ!

f:id:okko326:20150329212213j:plain

「サラバ!」上下巻 西加奈子/小学館

読了。

第152回直木賞受賞作です。

通常、直木賞芥川賞をとった作品はすぐには読まない主義(?)ですが

『10年間なんとか作家をやってきた私の「すべて」です。

(中略)どうか、私の「すべて」を私の想いを、受取って下さい。』

と西さんの言葉が添えられていたら、ASAP読まないわけにはいきません。

 

『僕はこの世に、左足から登場した。』

この書き始めが効いています。

「僕」の一人称で家族、友人、関わった人々の姿が綴られます。

一人の人間が自分の信じるものを「見つける」物語。

 

表紙画もいつものように西さん画。

コラージュ的なモチーフたちは予想通り、やはり内容に深く通じています。

 

ああ、この人の作品はいつもそうだ。

何か体(こころ)の奥の部分をグッとつかまれる様な感じ。

「ふくわらい」■小説holic - ひぐらしPCに向かいてに通ずるものがあります。

下巻後半は泣きっぱなしで読みました。

「見つける」ことに年齢制限は無い。ふつふつといろいろな想いが湧きあがります。

 

まさしくこれは西加奈子の「すべて」。