読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

ステーキな思い出

美味しいもの 思い出 驚き 和菓子 きょうのええもん

とにかく肉が食べたい。

何だかわかんないけど肉が猛烈に食べたい。

 

2~3日前から肉が頭から離れず

お手頃になっていたオージービーフのサーロインを購入。

北あかりでカリカリのフレンチフライもじうじう作って、

夜は炭水化物を摂らない様にしているので

罪悪感の少ないファルファッレでバジルソース和えを添えて。

f:id:okko326:20150222192524j:plain

もう、お皿満杯で見た目何だかなぁって感じですが

そんなの関係ない!な勢いで肉を食べました。

ふぅ~~。余は満足じゃ。(誰だよ!)

 

ステーキといえば私たち夫婦の会話でかなりの確率で出るNYのステーキハウスでの体験。

 

NYに住んでいた頃は瀬里奈系列のステーキばかり食べていたので

本場アメリカのステーキハウスに行ってみようということになり

日本から遊びに来た友人たちと行ってみました。

名前は失念してしまいましたが老舗の店舗です。

私は普段はミディアムレアな焼き加減が好みなのですが

妊娠中だったのでフィレをウェルダムで頼みました。

今思い返せば何故フィレだったのか…

1パウンド(453.6g)からのオーダーです。

500g近い脂身のない肉の塊がドーンと出てきました。

もちろんフライドポテトも大盛りです。

肉はポソポソで(何せ脂身がないから)焼いたのか茹でたのか分からない状態。

私の人生の中で唯一の汚点。…まったく食べられませんでした。

夫たちが頼んだサーロインもジャイアント馬場のわらじの様な大きさです。

彼らも残していました。

現在のNYのステーキ状況がどうなのかは分かりませんが

28年前のあの頃、やはりアメリカのステーキは美味しくなかった。

大きけりゃいいってもんじゃない!

 

ちなみに今回のステーキは

塩コショウで焼いた後、肉汁の残るフライパンにバター、醤油、赤ワインでソースを作り

ジャッと肉にかけディルを添えていただきました。

アメリカ人に食べさせてあげたい。

 

きょうのええもん。

f:id:okko326:20150222200302j:plain

菓匠清閑院の「椿」。包みが素敵です。

f:id:okko326:20150222200401j:plain

薄紅のきんとんの中には金柑の餡が入っています。

甘酸っぱさが心地良く、華やかな感じです。

 

もひとつ。

f:id:okko326:20150222201212j:plain

じゃがりこ「明太チーズもんじゃ」。これは美味い!

くみちょう (id:Strawberry-parfait)さん、もう食べた?