読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■落花狼藉

お気に入り 京都 思い出

f:id:okko326:20140331085633j:plain

 『河原町ルヴォワール』円居挽/KODANSYA BOX

読了。

ルヴォワールシリーズ最終章です。

3/3に発行されましたがいろいろあって

私の手元に届いたのは3月も半ばを過ぎた頃。

最終巻なので早く読みたいような

終わってしまうのが寂しくて読まずに置いておきたいような。

読み始めたらイッキでしたが。

 

今回の色は白。

落花流水から狼藉。

冒頭の事件が昨年9月に台風とともに上洛した時の

鴨川デルタの様子とリンクします。 

f:id:okko326:20140331092606j:plain

その節には皆様にご心配いただきありがとうございました。

 http://okko326.hatenablog.com/entry/2013/09/17/205852

 

まさかこれも青蓮院の仕業ではあるまいか。

 

これまでの伏線も回収されて気持ちはすっきり。

円居先生があとがきに書かれていましたが

当初は十部作シリーズの構想だったそう。

ファンとしてはそちらでも良かったです。

 

最後の撫子のことばが胸にしみます。

「―――私はあったかもしれない未来なんて嘆かない。どんな結末が待っていても、自分が心から選んだ道なら喜んで受入れられる。―――」

 

ルヴォワールシリーズ、Merci. Au revoir !

 

■「落ちた花活けよか」

■待っていたよ『今出川ルヴォワール』