読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■東京へはもう何度も行きましたね 東京記②

思い出 うれしかったこと 美味しいもの

2014/2/20(木)

今回の東京行の目的は「もっと泣いてよフラッパー」観劇です。

チケット手配をしてくれたEちゃんと劇場入り口で待合せ。

Eちゃんの竹馬の友Aちゃんとも久々の再会。

f:id:okko326:20140222141407j:plain

ああ!「クラブ・ラ・リベルテ」懐かしい。

って、前から3列目の席ってすごい。ブラボゥ!

 

忘れていた細かいストーリーもあったりでしたが

劇中歌はすべて覚えていました。

(涙ぐみながら一緒に歌う変な人)

 

もうね、主演の松たか子さんが素晴らしいです。

歌声も透明感ありながらパンチも効かせ文句なし。

デコさん(吉田日出子)の確立した役のイメージが強すぎて

どうだろう?と思っていましたが杞憂に終わりました。

 

映画も上手いなぁと思って観ていましたが

彼女の舞台、最高です。きらっきらしています。

何なのでしょう?

梨園恐るべしといったところでしょうか。

旦那様の佐橋さんもずっと舞台上にいらっしゃいます。

時々小芝居も。

 

今回、生(なま)松尾スズキさんだったのですが

これまた脱力感満載で良かった。

 

自由劇場時代のとっちさん(大森博史)、ヨネさん(真名古敬二)、ヤス(小西康久)

みんな歳をとっていてびっくり(32年前だもの当たり前)

串田さんがお元気なのでまたびっくり。

82'と違った演出も、まさに串田和美ワールド全開で嬉しかった。

ただ、チャチャ先生のダンスシーンがまったくなくなっていたのが

元出演ダンサーとしては寂しかったです。

(チャチャ先生の振付は難しかったなぁ。)

 

こんなに思い出に浸って、私大丈夫?

死亡フラグ、立ってないよね?

 

上演時間(インターミッション含む)3時間20分(!)が

あっと言う間でした。

 

終演後は村田大ダンスカンパニー時代のK子ちゃんも交えて

「釜焼鶏本舗おやひなや」へ。

f:id:okko326:20140222141226j:plain

Facebook友の江戸さんから心憎いおもてなし。

しっかりモヒートいただきました。

f:id:okko326:20140222141148j:plain

すべて平らげた後の写真のみ。

美味しかった!

石橋店長、イケメンのナイスガイです。

 

 

楽しい一日も終了。

飲み足りなかったけどホテルの門限が午前1時なのでまっすぐ戻りました。

 

 

*釜焼鶏本舗おやひなや 渋谷ハチ公口店

http://r.gnavi.co.jp/gd6r700/