読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■三浦しをん祭り

マンガ

f:id:okko326:20130903125703j:plain

入院中に文庫本6冊、単行本1冊を読み倒しました。

(時間だけはたっぷりありました!)

 

文庫本のうち5冊は三浦しをん著。

 

『月魚』 角川文庫

今まで読んだ、しをん作品の中で一番好きかも。

あからさま(?)なBLではなく、

計算された「風味」がよけいに妄想をかきたてられ

耽美的な雰囲気があいまってたまらない。

スピンオフの高校生時代も良いです。

あ、と思って久々にpixivを覗きにいったら

やはりちゃんと二次創作ものがあって楽しかった。

(何しとんじゃ?)

古書店ものは「栞子さん」よりこちらの方が古株ですね。

 

『白いへび眠る島』 角川文庫

これも、胸をざわつかせながら。w

今市子さんの作画でコミカライズされないかな~。

 

『格闘するものに○』 新潮文庫

これがデビュー作ですとっ!?

たいしたもんです。

吉田秋生の「BANANA FISH」のくだりと思われる

一説があるのですが

漫画が大好きな著者ならでは、です。

読みながら思わず「おお!」と言葉が漏れました。

 

『ロマンス小説の七日間』 角川文庫

帯に「現実×妄想=ロマンス小説!?三浦しをん流ラブファンタジー」

とありますが

編集さん良い仕事してはります。w 

 

『むかしのはなし』 幻冬舎文庫

西田番の作画でコミックスは読んでいたのですが

原作の方が断然…

日本昔話の書き直しと謳っているけれど

いや、違うからこれ。

超えちゃってますから。

 

どうしたらこの様に書けるのだろう。

文才は当たり前でその上をいく何か。

羨望しきり。

 

 

もし、物理的にも精神的にも

身動きのとれない状況に陥ったら

ぜひ、三浦しをん作品をどうぞ。

 

没頭でき、

目の前の現実を上手に昇華できる

精神の源が生まれます。