読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■甲子園を目指す君へ

全国高校野球 南北海道大会が始まりましたね。

 

今朝、君は円山球場へ向っていたのでしょうね。

君の陽焼け具合いから

練習量の多さが想像できました。

「夢の甲子園」に向けて一生懸命練習してきたんだね。

 

朝の地下鉄大通駅は通勤の人で溢れていたよね。

乗り換え通路は暗黙のうちに片側対面歩行になっていたね。

君はチームメイトとのお喋りに夢中で

対面歩行中央線(線はひかれて無いけどね)から少しはみ出してしまった。

今日の試合のことか、アイドルのことか、ゲームのことか。

どうでもいいね。

 

君の大切な野球道具が入ったデカいエナメルバッグが

すれ違いざま

私の顔面にぶつかったね。

私は気をつけていたんだ。これでもね。

予期せぬ出来事だったよ。

 

「はうぅっ!」と声を上げた私を一瞥したのち、

君は何も言わずにチームメイトに向きなおって

お喋りしながら歩いて行ったね。

 

どうだろう?

野球の神様は見ていただろうか?

私は一生懸命何かに打ち込む

若者の姿が大好きだし、応援もしているよ。

 

野球の神様の判定に影響しないよう

君のために

今夜は「カツ丼」にしたよ。

 

f:id:okko326:20130623191617j:plain

私はまだ左ホッペが痛いよ。

今日の試合がどうだったか確認しないけど

(エナメルバッグに高校名がしっかり書いてあったね)

 

「君の人生に幸多かれ!」と思うばかりだよ。

 

 

・・・気をつけて歩きなさいよっ!まったく、もうっ!(プンスコ)