読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■「憧れの女の子」「仏果を得ず」

f:id:okko326:20130518183302j:plain

同日2投稿。(^O^)/

 

*『憧れの女の子』朝比奈あすか 双葉社 読了。

ジャケ買いです。

女と男のそれぞれの「関係」の短編集。

この手の内容の短編集は

サリンジャーの「ナイン・ストーリーズ」に

勝るものなしと再確認。

それにしても私、

「で、どうしたの?」っていう話が

好きなんだということも再確認。

(読後のモワンとした感覚を楽しむ)

 

写真でも確認できますが

「憧れ」の立の字の横にシミが!

でもよく見るとソックスのかたちみたいな。

ポテチの油のシミかどうか?(本読みながらポテチ食べるな!)

明日、本屋で確認して来よう…

 

*『仏果を得ず』三浦しをん 双葉文庫 読了。

あれ?偶然にも2冊とも双葉社です。

 

文楽」に携わる人々 のお話しです。

しをんさんモノ漁っています。

そもそも「仏果」ってなに?

仏果=【仏道の修行によって得た仏の境地】

 

文楽は大人になってから2回くらいしか観ていず、

その時は何だか大袈裟な感じだなぁなどと

大変失礼な感想をもった次第です。

しかし、時が立てば人間趣向も変わるもの。

 

古くからの友人エミちゃんは

お江戸モノに明るく、私も少なからず影響を受けています。

「近松の心中ものは最高」などと言われれば

観たい!文楽、観たい!になるわけです。

 

しをんさん、いつものように

恋心も散りばめ、文楽を知らない人でも

その魅力にひきつけられる内容でぐんぐん進みます。

 

で、

「仏果を得ず」なので

生身の人間、人間ばんざい!といったところでしょうか。