読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■「よだかの片想い」

お気に入り

f:id:okko326:20130512070333j:plain

『よだかの片想い』 島本理生 集英社 読了。

著者の別作品を探しに行ったところ

本作品のタイトルで思わず手が伸びました。

(賢治好きとしてはどうしても)

 

読後、帯(裏表紙側)の宣伝文

「切なくもキュートな」の表現には少し違和感が。

もっと骨太な感じです。

 

顔にあざを持った女の子が

あざを通して人と結びついていく自分に自信を持ち

世界が開けていく様は

苦しいけれどすがすがしい。

賢治の「よだかの星」に感じられる

理不尽な哀しさ

それが無いのは救い。

 

単行本を購入する時の楽しみは

書きおろしや編集ものの内容も

もちろんありますが

(何故この装丁なのか?)

と思いを巡らせる楽しみがあります。

 

ジャケットのレモン色には納得です。

(はなぎれもレモン色です。凝っています。)

 

f:id:okko326:20130512070421j:plain

ジャケットを取ると

濃紺に星空が描かれています。

(写真の腕がアレなんでうまく写ってないです(^_^;))

スピンも濃紺。

 

私好みの装丁でした。

 

 

カバーイラスト:ヒラノトシユキ

ブックデザイン:鈴木成一デザイン室