読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■日菓の和菓子

お気に入り 和菓子

最近の「寝るとき本」

(ベッドの中で就寝前に読む(眺める?)本)です。

『京の和菓子帖 日菓のしごと』日菓/青幻舎

 

和菓子の作品集です。

私は寝つきが恐ろしく良いため

込み入った内容の本だと記憶が朧になるので

この手の本が良いです。

f:id:okko326:20130402074911j:plain

日菓(にっか)は

生まれも育ちも京都ではない女子ふたりが

和菓子職人を目指して京都で修業中に出会い、

2006年に結成した創作和菓子ユニットです。(帯紙より抜粋)

 

内容はシンプルな和菓子の写真と

どんな事からインスピレーションを受け、作ったか

が記載されています。

 

目からうろこです。

 

ストレートに「おお!これを和菓子に。」というものから

しばらく眺めて、ニヤリとするものまで。

 

和菓子の意匠は完成されている感があります。

本場京都の雰囲気と相まって

「敷居が高い」と感じられる方もいらっしゃるかも。

それを日々の生活の中で見ている風景、感じているモノで

表現する。

ふたりはただ新しい事をしているだけではなく

「伝統」をしっかりと踏まえ、創り出しているところが素晴らしいです。

 

 

お抹茶をたっぷりと点て普段使いのカップに注ぎ、

楽しみながら日菓の和菓子をいただきたい。