読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひぐらしPCに向かいて

日々のあれこれを綴ってみます

■久々読了

酔いのもと

f:id:okko326:20120723194940j:plain f:id:okko326:20120722181856j:plain

 

ラバー・ソウル」…井上 夢人著/講談社

 

ビブリア古書堂の事件手帖3~栞子さんと消えない絆~」

…三上 延著/メディアワークス文庫

 

ともに読了。

 

ラバー・ソウル」はtwitter

講談社 文芸図書第二出版部が刊行時

やたらと推してくるので、

どれどれ的に。

 

 

ビートルズのナンバーに

ひっかけて展開していきます。

う~ん。

最後は驚くものの、

最初っから気持ちが悪く…

(それは作者の策であった)

 

なんだか

ラスト驚愕は

湊かなえの「告白」を

上まわるものに

今後も遭遇できないような

気がします。

 

お話がちょっと、切な過ぎる。

 

 

「ビブリア~」は待望の3巻目。

舞台が北鎌倉、大船辺りとか

良く知った土地なので

イメージもわき易く。

 

今回の古書は

宮沢賢治 春と修羅』が中心に。

 

宮沢賢治が生前に刊行された著書は

童話集の「注文の多い料理店」と

この「春と修羅」だけで

どちらも自費出版に近い形で

当時はほとんど売れず…

作者自身がかなりの冊数を引き取った」

(本文抜粋)

 

とか、

賢治の作品が好きでも

そんな事ちっとも知らないし

気にもしていなかった私に

もうちょっと、

いろいろ掘り下げてみましょうね、

と栞子さんが言っているような気がしました。

はい。

 

4巻もすでに執筆中との事なので

楽しみです。

 

 

 

おまけ

玄関のニッチも

夏のよそおひ。

 

青森旅行の時に

黒石の酒蔵で購入した

ガラスのお猪口。

 

これでテキーラを飲む!